ギャラリーニッポンのワザブログ
ホーム 竹工品 江戸和竿 江戸和竿
江戸和竿

    
商品名
江戸和竿
販売価格

216,000円(税16,000円)

在庫数
在庫 2
購入数


【江戸和竿】
江戸和竿の元祖である秦地屋東作から釣音、竿幸、竿松という系譜に連なる竿栄。
その二代目竿栄謹製の珠玉の江戸和竿ラインナップです。
竿づくりは、まず材料である竹の選定が重要。
二代目竿栄が長年にわたり全国から収集した豊富な竹のストックから素材を厳選。
熟練の目で切り組を行った後、糸巻きや継ぎ、漆塗りといった、
これも伝統の手技で丹念に磨き上げています。
その絶妙な“しなり”は、職人歴60年にも及ぶ精緻な技術のなせる業です。
今回は季節柄、海釣り用の竿の数々をご用意しました。
竿栄の和竿はインターネットサイトでは初の公式取り扱いとなります。
また、メンテナンスにも対応。長く愛着を持って使える逸品です。
竿栄作の中でも高級竿に用いられる「特撰 竿栄作」の焼き印が押されています。
ぜひ使って良し、所有して良し、の伝統の江戸和竿を手に入れてください。

■厳選された布袋竹を用い、背美鯨の穂先を奢った逸品。奥行きのある朱ため塗りも美しく、
その存在感は所有する人に深い満足感を与えてくれることでしょう。
中通し竿用糸通しと、保管の際、先端を保護するための添え木の役割となるケース付きです。
【サイズ・仕様】
カワハギ・タイ・カレイ竿 2.7m 3本継ぎ 20号〜30号用
背美鯨穂先付 総布袋竹印籠継追継ぎ 朱ため塗りスジ入
案内
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【和竿の取り扱い方】
竿を継ぐ際は、穂先から順に継いでいきます。
継ぎ際を両手で握って、並継ぎは黒く塗ってある部分が見えなくなるまで、印籠継ぎは込芯竹が見えなくなるまで、
しっかり継いで下さい。
使用後は決して水等で洗わず、固く絞ったタオルなどで軽く拭いてください。さらにカラ拭きをしてしっかりと水気を取り除きます。
拭く際は穂先に向かって拭くようにすると、布などが引っかかって破損してしまうことを防ぎます。
保管は風通しのよい直射日光のあたらない所に。
冷暖房はなるべく避けた方が良いでしょう。
先端が細くなっておりますので、小さなお子様の手の届かないところにおしまいください。

profile

吉野忠克

江戸和竿「竿栄」二代目。初代竿栄の父・栄一氏に師事。修行しつつ中央大学に通う。東京大空襲で初代が戦災死すると、もともとの出身地である埼玉県鳩ヶ谷に戻り、しばらくは家計を助けるため小学校の教員をつとめる。その後工房を再建。弟の三代目竿栄・茂樹氏とともに、江戸和竿の名品の数々を送り出す。旧鳩ヶ谷市の教育委員会委員長や、保護司を務めるなど、地域の教育にも長年にわたり貢献。平成11年には藍綬褒章を受章。

1926年 父・吉野栄一氏が本所石原町に「竿栄」の名で独立
1928年 本所厩橋にて生まれる
1940年 初代のもと、修行を開始
1945年 東京大空襲により初代が戦災死。父の出身地であった埼玉県鳩ヶ谷に戻る
2000年 藍綬褒章受章
2008年 彩の国優秀技能者表彰
2011年 埼玉県「技能の達人」登録

おすすめ商品

162,000円(税12,000円)

86,400円(税6,400円)

64,800円(税4,800円)