江戸木目込人形 アマビエ 桃+緑 ※座布団付

在庫状況 在庫 1
販売価格
4,950円(税450円)
購入数
【アマビエ】
江戸木目込人形の柿沼人形(1950年創業)謹製のアマビエです。

アマビエは、日本に伝わる半人半魚の妖怪。 光輝く姿で海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられています。

長い髪とくちばしを持つ人魚のような姿で、
疫病が流行ったら「アマビエ」を写して人に見せなさいと、 その絵を見ると疫病がおさまるという江戸時代からの言い伝えがあります。


※職人が一点一点手づくりする商品となっております。
同シリーズの商品でも掲載画像とは、微妙な差異があることを予めご理解の上ご注文いただきますようお願い申し上げます。

【サイズ】
高さ85mm×幅75mm

柿沼人形

profile

株式会社 柿沼人形

現・会長の柿沼東光氏は、1974年に伝統工芸士柿沼東光に師事し、以来江戸木目込人形製作に専念。 華麗なる色彩による親王飾り、風俗人形などを発表。とりわけ螺鈿の象嵌や彩色二衣重の木目込人形など独自の技法を学び、技術向上に努めながら、常に“時代の今”を見つめ、斬新な作品づくりに取り組むスタイルで新しい東光ブランドを築いている。

1971年 株式会社吉徳大光に師事。
1999年 経済産業大臣認定伝統工芸士
2000年 東京都知事認定伝統工芸士